ページの本文へ

Hitachi

企業情報ニュースリリース

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2020年11月10日

テレワーク環境の早期立ち上げを可能にする
「クライアントサービス(Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop)」を販売開始

最短2ヵ月で利用開始可能で、最少200ユーザー、最短利用期間1カ月から対応

  株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、サテライトオフィスでの勤務や在宅勤務など、テレワーク環境の立ち上げに向け、セキュアなクライアント環境の早期導入や柔軟な運用を可能にする「クライアントサービス(Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop)(以下、本サービス)」を11月10日から販売開始します。
  本サービスは、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)が提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で提供する仮想デスクトップサービス「Windows Virtual Desktop」と、仮想デスクトップの管理機能をクラウド環境で提供するシトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(以下、シトリックス)の「Citrix Cloud」を組み合わせ、日立が導入支援、運用までを担うマネージドサービスとして提供するものです。これにより、お客さまは、働く場所の制約を受けることなく、サテライトオフィスや自宅などからPC・タブレット端末などさまざまなデバイスを活用し、通常のオフィスと同じように働ける環境を最短2ヵ月で利用開始することができます。また、最少200ユーザー、最短利用期間1カ月から利用できるため、部署単位など小規模で利用を開始し、利用状況を見ながら変更や拡張することも可能です。

  新型コロナウイルスの感染拡大を機に、多くの企業で、事業継続のためのテレワーク環境整備の必要性が再認識されています。いつでもどこでも働ける環境を整備するためには、情報漏えいのリスクを低減し安全性を高めることが重要であり、PCなどの使用デバイスには情報を一切保持せずサーバ側で処理することで、従業員が情報を持ち出さずにデスクトップ環境を利用できるシンクライアントが手法として浸透しています。シンクライアントを実現する仕組みである仮想デスクトップには、オンプレミス型とクラウド型の大きく2つの選択肢がありますが、オンプレミス型では、柔軟にカスタマイズできるメリットがある反面、システムや運用の設計、機器・設備の準備などに膨大な期間とコストが必要になります。一方、クラウド型は、機器・設備への投資が不要で、導入期間も短くコストも抑えられるため、近年ではニーズが高まっています。その中でも、「Windows Virtual Desktop」と「Citrix Cloud」の組み合わせは、マイクロソフト、シトリックス両社のフレキシブルでセキュアなクラウド、クライアント仮想化技術など得意分野をあわせた先進のクラウド型仮想デスクトップサービスであり、特にスモールスタートで速やかに環境を立ち上げたい企業に注目されています。

  今回、日立は、Withコロナ時代における働く環境の整備やクラウド化のニーズを受け、本サービスを販売開始します。
  本サービスは、シトリックス独自のICAプロトコル*1を使うことで非常にレスポンスがよく、また、暗号化やワンタイムパスワードを標準で利用できるリモートアクセス機能によってインターネットからセキュアにクラウドへ接続可能であり、快適かつ安全な仮想デスクトップ環境を実現します。
  また、本サービスは、日立がさまざまなお客さまに仮想デスクトップ環境を提供してきた実績*2を基に、クラウド上での仮想デスクトップ環境の実装や展開、運用などをフルマネージドサービス*3として提供します。これにより、お客さまは、導入・運用を意識することなく、自社の状況にあわせて、迅速かつ柔軟に、テレワーク環境を利用することが可能です。

  日立は、今後も、パートナーである日本マイクロソフト、シトリックスと連携しながら、機能の強化やコスト最適化など、より活用しやすいサービスメニューの拡充に取り組み、お客さまの安全で快適な働く環境の確立に向けた取り組みをより一層支援していきます。

*1
ICA(Independent Computing Architecture)通信プロトコルは、シトリックスが開発した通信技術。サーバ側へは、クライアントから画面、キーボード、マウス信号のみを転送し、サーバでは実行した結果を圧縮・暗号化して送信する。 また、画面の差分のみを暗号化して送受信するため、どんなネットワーク環境においても遠隔操作をユーザーに意識させない、高いパフォーマンスを提供。
*2
お知らせ「Citrix:Citrix Japan Partner Award 2019において日立がSI Sales of the yearを3年連続受賞」
*3
PCやモバイルなどの端末提供は含みません。

ビジネスパートナーからのエンドース

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
代表取締役社長 尾羽沢 功氏

「この度、日立製作所様が発表された「クライアントサービス(Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop)」の販売開始を心より歓迎申し上げます。Citrix CloudとWindows Virtual Desktopを連携することで、お客さまは、より柔軟で安全、かつ、快適に利用できるクライアント仮想化環境の実現が可能になります。日立製作所様、日本マイクロソフト様と共に、今回の発表されたサービスを通じて、お客さまの安全で快適な働く環境の確立に取り組み、柔軟で迅速なテレワーク環境構築の実現を目指して参ります。」

日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 グローバルパートナービジネス統括本部長 安藤 浩氏

「この度、日立製作所様が発表されましたクライアントサービス(Citrix Cloud For Windows Virtual Desktop)のローンチを心より歓迎申し上げます。COVID-19の影響下で多くの企業で事業継続と働き方の改革へのニーズが高まる中、本ソリューションを通じ、両社のアライアンスとMicrosoft Azureを中心とした技術的な連携を一層強化し、顧客企業のデジタルトランスフォーメーションに貢献して参ります。」

クライアントサービスCitrix Cloud for Windows Virtual Desktopの概要図

[画像]クライアントサービスCitrix Cloud for Windows Virtual Desktopの概要図

サービスの価格および提供開始時期

名称 概要 価格(税別) 提供開始
時期
クライアントサービス
(Citrix Cloud for Windows Virtual Desktop)
「Windows Virtual Desktop」と「Citrix Cloud」を組み合わせたクラウド型の仮想デスクトップサービス。日立が導入支援、運用までを担うマネージドサービスとして提供。 個別見積
(参考価格:1,000ユーザーで月額8,700,000円〜)*4
2020年
12月1日
*4
参考価格の前提条件は以下になります。
ユーザーあたりの割当てリソースは、 0.8vCPU 3.2GBメモリ プロファイル50GBです。
利用時間帯は平日10時間、土日夜間は全体の最低25%分のリソースを稼働させることを前提としています。
(ご利用時間帯は変更可能です。)
別途、Windows 10 Enterprise のWindows Virtual Desktop対応ライセンスが必要です。
閉域網(お客さま - Microsoft Azure間 専用回線) 敷設は含まれません。
導入一時費用は含まれません。

商標

  • Citrix、Citrix Cloudは、Citrix Systems, Inc.の米国あるいはその他の国における登録商標または商標です。
  • Microsoft、Azure、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

関連情報

日立製作所について

  日立は、IT(Information Technology)、OT(Operational Technology)およびプロダクトを組み合わせた社会イノベーション事業に注力しています。2019年度の連結売上収益は8兆7,672億円、2020年3月末時点の連結従業員数は約301,000人でした。日立は、モビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、ITの5分野でLumadaを活用したデジタルソリューションを提供することにより、お客さまの社会価値、環境価値、経済価値の3つの価値向上に貢献します。

お問い合わせ先

株式会社日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部 IoT・クラウドサービス事業部

以上

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。
ソエニャヘユセ,ソエニャオトヘユセ,テ箙ムヘユセソエvニャヤレマ゚a