ページの本文へ

Hitachi

新型コロナウイルスの感染拡大への日立の対応

日立の取り組み

日立オムロンターミナルソリューションズ、紙幣に付着したウイルスを除菌する「紙幣除菌装置」開発

日立オムロンターミナルソリューションズは、紙幣に付着した細菌やウイルスを高速で除菌する「紙幣除菌装置」を開発しました。

日立、安全な生体認証を実現する「クラウドサービス」提供  手ぶらでの決済が可能に

日立製作所は2020年10月30日、生体情報を活用した本人認証をさまざまな生活シーンで実現する「生体認証統合基盤サービス」の提供を開始しました。

日立LGデータストレージ、新型コロナウイルス対策でTOFセンサ活用したソリューションを提供

日立LGデータストレージは、新型コロナウイルス対策のため、人や物体との距離をリアルタイムで測定するTOF(Time of Flight)センサを活用し、ソーシャルディスタンスの確保や濃厚接触者の追跡を可能にするソリューションを提供します。

空中に投影されたボタンを操作
コロナ禍で期待高まる「空中入力装置」

日立オムロンターミナルソリューションズは、空中にボタンを投影して操作できる「空中入力装置」を開発しました。2020年10月には製品化する見通しで、新型コロナウイルスの感染拡大防止に貢献する技術として期待が高まっています。開発における苦労や今後の展望について、開発者に話を聞きました。

日立ビルシステム、感染症リスクを軽減するエスカレーター用ソリューションの販売開始

日立ビルシステムは、新型エスカレーター「TXシリーズ」の日本市場向けモデルを開発するとともに、感染症リスクを軽減するエスカレーター用のソリューションを体系化し、9月30日から販売を開始しました。

新型コロナ対策で100万ドルの融資を実施
社員の想いを形にしたアイデアコンテスト

日立は2020年4月、社内のアイデアコンテスト「Make a Difference!」を開催。新型コロナウイルス感染拡大への対策に特化したアイデアを募集し、わずか2週間で、世界中の社員から1430件のアイデアが寄せられました。コンテストの舞台裏について、担当者に話を聞きました。

View all

ソエニャヘユセ,ソエニャオトヘユセ,テ箙ムヘユセソエvニャヤレマ゚a